企業における教育訓練|楽しい忘年会にしたいなら景品の準備が大事
男の人

楽しい忘年会にしたいなら景品の準備が大事

企業における教育訓練

セミナー

人材育成に向けた教育訓練

企業などの組織における教育訓練は、組織が必要とする人材を養成するために行われる活動です。そのため、組織運営上の人材に対する要求事項を明確にし、組織が必要とする人材のあり方のビジョンを示す必要があります。一般的には、組織において必要とする能力として、組織の方針を理解して自分自身で課題を設定する課題設定能力、その課題を達成する職務遂行能力、他の人と協力して目的を達成する対人能力、目的達成の際の問題を解決する問題解決能力の4つの能力を必要としています。教育訓練体系には、階層別、職能別、課題別の3つに分けた訓練がありますが、組織の階層単位で対象者を定めて実施する新入社員研修や管理職研修では、外部から講師を招いて研修することで、各々の階層で求められている能力を養うことができます。そのためにも、優れた講師を紹介してもらうため、人的資源開発のあらゆるニーズに応えてくれる専門家に依頼することが重要です。

計画的な教育訓練管理

職場から離れて、外部講師によって行われる教育訓練のOFF−JTによる研修を開催するうえで、一番問題となりますのは、講師の人選となります。テーマや対象者が決まっていましても、数多く存在する講師の中から最適の講師を選定するのは、容易なことではありません。そういった中で、専門家に相談することで、適任の講師を紹介してくれることになります。そして、紹介された講師が対象者に応じた内容で、研修を行ってくれますので、有益となる効果が期待できます。OFF−JTは、企業の教育訓練担当スタッフによるものとなりますが、講師紹介の際には、企業が標榜する人材のあり方などについて事前に情報提供を行う必要があります。こうした情報提供を受けたうえで、紹介されてきた講師による研修は、充実したものとなり、能力向上が図れる教育訓練活動が行われ、適切名教育訓練管理が可能となります。